愛するペットのために。

ペットロスって何・・・?

ペットロスを直訳すると「愛玩動物喪失」です。聞きなれない言葉のような気がしますが、愛するペット(コンパニオンアニマル、伴侶動物)との別れの深い悲しみを表しています。欧米では1970年代半ばくらいから使われ始めた言葉のようですが、日本ではやっと最近「ペットロス」という言葉が聞かれるようになりました。飼っていたペットが死んでしまうという体験は、ペットを飼っていれば残念ですが誰にでも起こることです。そして、一緒に暮らしてきた最愛のペットが亡くなったときに悲しむのは当然です。
とても自然な感情で、決して異常なことでも特別なことでもありませんが、その辛さや、深い悲しみからどうしても抜け出せなくなってしまうことがあります。ペットの死をたった独りで抱え込み、悲しみから立ち直ることができないのです。悲しみが癒えるどころか、逆に日に日に辛くなり日常生活に支障をきたしてしまうことや、自殺まで考えてしまうというような重症の「ペットロス」に陥ってしまうことも少なくないようです。実際にお別れの日が訪れたときのペットとの関係や年齢、亡くなり方などによって死の受け止め方はさまざまですが、ペットを愛する誰もがこの「ペットロス」に陥る可能性をもっているのです。

ペットロスの症状って?

ペットロスになったとき、その悲しみから心や体にどんな変化が起こるのでしょうか。個人差がありそれぞれのケースがありますので一般的な心身の変化を挙げてみます。

・精神的不安定、孤独感、不安感で毎日泣いてばかりいます。
・精神的活力低下、憂鬱感、絶望感、何に対しても集中できない、無気力な状態が続いたりします。
・食欲不振や過食、動悸、不眠など体にもさまざまな反応が現れる場合もあります。
・その他には脱力感、、疲労感、めまい、胸の痛み、胃の痛み、などの症状や、それ以外の反応を経験することもあるようです。

このような症状はすべて「悲嘆反応」と呼ばれるものです。見ているだけでもとても辛そうですよね。
驚かれるかも知れませんが、悲しみに対する正常な反応なのです。ペットの死に直面したとき、悲しみの感情を抑える必要はないと思います。悲しみを抑えてしまうことが後に重大な「ペットロス」に陥ることにもつながってしまうのです。もしこれらの症状がでてもすぐに病的だとも決めつけられませんが、あまり強い症状の場合や、長引くようであれば深刻な状態かもしれません。通常は半月から一ヶ月くらいで回復していきますが、二ヶ月以上経っても回復が見られない場合や、逆に重くなっている場合は、うつ病の可能性もあります。ただし、この期間はあくまでも一般的な目安ですので、ペットとの死別の状況など個人差があるので、二ヶ月経過しても悲しみが癒えないからといって、すぐに病的だと決め付けたりすることはできません。自分がおかしいのではないか・・・?などと考え込まないで下さい。ペットが亡くなって悲しむことは、悲しみの程度や継続期間に個人差はありますが誰もがおなじです。症状が重い場合や日常生活に支障があるようなら、最近はいろいろな相談窓口も出来てきています。我慢や無理をせず一般の病院や精神科医や臨床心理士、心理カウンセラーセラピストに相談してみるのも良いです。

recommend

表参道 まつげエクステ
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000274211/

2015/2/3 更新

Copyright:(c)2008 Pet Lost. All rights reserved.