愛するペットのために。

選ぶ基準

・まずは火葬の日時
まずはいつお見送りをしてあげるかを決めましょう、家族皆でお送りしたい時には
皆が揃う時間を調整します。火葬の業者もそれぞれの都合がありますから
いくつか日時の候補があれば電話をしてもわりと決まりやすいです

・温かい対応であるか
突然の不幸や、長期的な看病の末など、過程はいずれにせよ、悲しみの中で電話しているのに、あまりに横柄な態度・業務的な態度をとる業者は葬儀も業務的になり、満足行く別れが出来ない可能性が大きいと思かもしれません。また、受付時間なども、24時間対応や年中無休の受付をしてくれる業者も選ぶポイントになりそうです。
また、葬儀に関する疑問点に対して納得いくまで説明してくれるかも重要になります。

・明確な料金表がある(相談などのあいまいな表現が無い)
ペット葬儀と一言に言っても、業者によっては、葬儀の方法や、様々なオプションがありあます。いくつか業者をリストアップしたら、料金やメニューの設定に紛らわしい表現がないか
再度、比較検討してみます。
例えば・・・
・個人火葬と合同火葬
・ペットの大きさ
などでも、料金が変わってくるので、きちんと確認しておかないと、後で、予想以上の金額を請求される可能性がるかもしれません。
メニューによって料金が違う場合には、よく確認しないと後でトラブルの元になるかもしれませんので
電話の時に詳しく聞きましょう

・立ち会いが出来るか
・最後のお別れを出来るか確認しておきましょう。業者によっては、立会いが出来ない場合があるそうです。

・お骨を返してもらえるか
納骨場所や、その後の供養のことも確認しましょう。
合同で火葬するばなどは、お骨を返してもらえない場合もあるようです。また、納骨場所を準備してもらえるのか、そして、その後の供養はどのような形で行なわれるのも忘れずに確認しましょう。場合によっては、葬儀と別に納骨場所を探さないといけなかったりします。

家族同様の存在であるペットを最後まできちんと見送ってあげる気持ちを、大切にしてくれる業者に出会うことが出来るように、いざという時に慌てることのないように、事前にいろいろ調べておいてもいいかもしれません。また、かかりつけの動物病院などでも相談に乗ってくれるところがあるようなので、問い合わせてみるのも良いと思います。

check

自然災害や事故に備えてネットワークを二重化するとともに、24時間体制で監視。 万が一の場合の保守体制も万全です。

通話料 削減

お引越し、リフォームの際のご用命は創業30余年、信頼の当社へ!出張見積もり無料!

リサイクルショップ 杉並区

真剣に英語を身につけるならカナダでの語学留学がおすすめです。

カナダ 語学留学

2017/9/29 更新

Copyright:(c)2008 Pet Lost. All rights reserved.